トップ>下水道の経営

悪質な訪問業者にご注意ください
9月10日は下水道の日です
「ゲリラ豪雨」が発生したら
下水道の役割
下水道の仕組み
下水道の経営
受益者負担金
排水設備
指定工事店
水洗便所改造資金の利子補給制度
使用料
コンビニ収納について
注意事項
下水道事業概要
財政状況
経営指標分析
経営比較分析表
受益者負担金の徴収猶予について
受益者負担金の減免について
下水道使用量の減免について
千葉県県土整備部下水道課
千葉県印旛沼下水道事務所
お問い合わせ窓口案内
○下水道の経営

経営の基本的考え方
 公共下水道事業は、地方財政法上の公営企業とされており、事業に伴う収入によってその経費をまかない、自立性をもって事業を継続していく独立採算制の原則が適用されている事業です。経理においても、一般会計とは別に下水道事業特別会計を設け、活動を行っています。
 公営企業とは、一般行政活動がその行政事務のための財源収入を、主に租税によるものであるのに対し、公営企業の場合は、その活動のための財源収入を利用者からの使用料によるところにあります。

経営状況
 下水道事業の経営は、独立採算制の下におこなうことが原則であります。一般会計が負担することとされている経費があるものの、基本的に建設費については受益者負担金、国庫補助金、及び市債であり、維持管理費及び資本費については下水道使用料でまかないます。
 平成27年度決算では歳入が1,416,420千円であり、その内訳は受益者負担金が8,397千円、下水道使用料が242,977千円、国庫補助金が329,170千円、繰入金が237,657千円、繰越金が8,645千円、諸収入が66,974千円、市債が522,600千円です。
 繰入金については、一般会計の負担とされている基準内の繰入金以外に、基準外の繰入金にも頼らざるを得ない状況であり、繰入金237,657千円のうち基準外の繰入金は102,593千円で歳入全体の7.24%を占めている状況です。
■日頃、下水道に関するご不明な点、わからないことがありましたら、
 八街市建設部下水道課までお問い合わせください。
 また、色々なご意見などもお寄せください。
TEL 043−443−1440
FAX 043−442−6416
E-mail gesuido@city.yachimata.lg.jp