トップ > 各種計画 > 八街駅北側のまちづくり

  八街駅北側のまちづくり


 八街駅周辺地区については、「八街市総合計画」・「八街市都市マスタープラン」で、八街市の「都市核」の形成を図り、「市の顔」としてふさわしい良好な市街地の整備を図る地区として位置づけられています。
 八街駅の北側地区は、JR総武本線八街駅の北側に隣接していながら、駅北口が開設されていないこともあり、十分な公共施設の整備が行われず、地区の持つポテンシャルが十分に活用されていない状況であったことから、八街駅自由通路整備とあわせて早急な都市基盤整備が望まれておりました。
 このため、八街市では、土地区画整理事業により、駅前広場、道路、公園などの公共施設を整備し、八街市の新しい玄関口にふさわしい良好な市街地の形成を図ります。
 また、土地区画整理事業と併せて、まちづくり総合支援事業を活用し、「市の顔」としてふさわしい高度な都市機能の形成を図ります。
 総武本線に分断された駅南北の地域の一体化を図り、中心市街地の活性化に寄与するため、八街駅自由通路の整備を行います。

整備イメージ図

:整備イメージ図であり、建築物などの具体的な計画を示すものではありません。

八街駅北側地区土地区画整理事業

ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業

八街駅周辺地区まちづくり交付金事業(旧:まちづくり総合支援事業)

八街駅自由通路新設・橋上化整備事業