トップ > 市の財政 > 平成17年度上半期財政事情

  平成17年度上半期財政事情


1 財政の動向

 平成17年10月12日内閣府発表の月例経済報告によると、我が国の経済は、(1)企業収益の改善、設備投資の増加、(2)個人消費の緩やかな増加、(3)雇用情勢に、厳しさが残るものの、改善に広がりがみられること、(4)輸出は持ち直し、生産は横ばいとなっていること等から、景気は緩やかに回復しており、先行きについては、企業部門の好調さが家計部門へ波及しており、国内民間需要に支えられた景気回復が続くと見込まれる一方、原油価格の動向が内外経済に与える影響等には留意する必要があるとしている。
 また、同日千葉県発表の千葉県月例報告によれば、県内の経済情勢は、企業倒産件数の減少や新設住宅着工戸数の増加等の明るい傾向もみられるものの、鉱工業生産指数や新規自動車登録台数などは減少しており、景気の回復には一服感がでているとしている。

2 市長の財政方針

 近年の地方制度の改革や厳しい地方財政状況の中、本市では、今後とも安定した市民サービスの提供を可能とするため、財源不足を公債の増発や基金の取崩しで補うといった従来の財政構造を改め、将来にわたり持続可能な財政基盤の構築を目指し、平成16年4月に行財政改革推進室を設置して(1)事務事業の見直し、(2)市民サービスの向上、(3)組織の見直し、(4)職員定員の適正化の4点を中心に、行財政改革の方向性について検討を重ね、この検討結果に基づいて平成17年3月に「八街市財政健全化プラン」を策定した。
平成17年度下半期における財政方針は、上半期に引き続き、「歳入の根幹である市税の確保に努めるとともに、公平で相応な受益者負担を実現する」、「現行の事務事業全般にわたり総点検を実施し、効率的な行財政運営を推進する」、「官と民の役割分担を明確にし、民間活力を積極的に活用する」という、「八街市財政健全化プラン」の基本方針に沿った財政運営を推進し、効率的な行財政システムの構築を目指す。

3 前年度決算の概況

(1) 一般会計決算の状況

・平成16年度歳入決算額 18,817,020千円
・平成16年度歳出決算額 18,142,178千円

平成16年度一般会計決算の状況

【歳入】

区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A
構成比
決算額 B
構成比
C=A−B
C/B
1 市税
千円
6,668,278

35.4
千円
6,304,207

32.5
千円
364,071

5.8
2 地方譲与税
379,519
2.0
243,356
1.2
136,163
56.0
3 利子割交付金
47,609
0.3
50,868
0.3
△3,259
△6.4
4 配当割交付金
11,472
0.1
0
0.0
11,472
皆増
5 株式等譲渡
  所得割交付金
13,585
0.1
0
0.0
13,585
皆増
6 地方消費税
  交付金
626,794
3.3
561,706
2.9
65,088
11.6
7 自動車取得税
  交付金
176,249
0.9
188,691
1.0
△12,442
△6.6
8 地方特例
  交付金
233,183
1.2
245,225
1.3
△12,042
△4.9
9 地方交付税
2,914,148
15.5
3,051,597
15.7
△137,449
△4.5
10 交通安全対策
  特別交付金
9,608
0.1
10,028
0.0
△420
△4.2
11 分担金及び
  負担金
190,359
1.0
188,795
1.0
1,564
0.8
12 使用料及び
  手数料
272,925
1.5
250,085
1.3
22,840
9.1
13 国庫支出金
1,626,730
8.6
1,543,128
8.0
83,602
5.4
14 県支出金
520,391
2.8
562,160
2.9
△41,769
△7.4
15 財産収入
1,727
0.0
23,360
0.1
△21,633
△92.6
16 寄附金
121,643
0.6
25,136
0.1
96,507
383.9
17 繰入金
300,590
1.6
1,276,853
6.6
△976,263
△76.5
18 繰越金
377,666
2.0
468,911
2.4
△91,245
△19.5
19 諸収入
484,244
2.6
444,118
2.3
40,126
9.0
20 市債
3,840,300
20.4
3,953,400
20.4
△113,100
△2.9
  計
18,817,020
100.0
19,391,624
100.0
△574,604
△3.0

【歳出】
区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A
構成比
決算額 B
構成比
C=A−B
C/B
1 議会費
千円
225,967

1.2
千円
226,700

1.2
千円
△733

△0.3
2 総務費
1,941,890
10.7
1,974,423
10.8
△32,533
△1.6
3 民生費
4,783,259
26.4
4,358,416
23.8
424,843
9.7
4 衛生費
1,721,932
9.5
2,300,449
12.6
△578,517
△25.1
5 農林水産業費
344,945
1.9
330,523
1.8
14,422
4.4
6 商工費
144,000
0.8
161,765
0.9
△17,765
△11.0
7 土木費
3,245,330
17.9
3,949,634
21.6
△704,304
△17.8
8 消防費
1,179,030
6.5
1,209,338
6.6
△30,308
△2.5
9 教育費
1,877,693
10.3
2,461,576
13.4
△583,883
△23.7
10 災害復旧費
11,879
0.1
12,893
0.1
△1,014
△7.9
11 公債費
2,666,032
14.7
1,327,988
7.2
1,338,044
100.8
12 諸支出金
221
0.0
253
0.0
△32
△12.6
13 予備費
0
0.0
0
0.0
0
18,142,178
100.0
18,313,958
100.0
△171,780
△0.9

(2) 特別会計決算の状況

ア 国民健康保険特別会計
・平成16年度歳入決算額 6,564,257千円
・平成16年度歳出決算額 6,394,206千円

イ 老人保健特別会計
・平成16年度歳入決算額 3,732,533千円
・平成16年度歳出決算額 3,713,050千円

ウ 介護保険特別会計
・平成16年度歳入決算額 2,067,103千円
・平成16年度歳出決算額 2,018,744千円

エ 学校給食センター事業特別会計
・平成16年度歳入決算額   720,406千円
・平成16年度歳出決算額   710,548千円

オ 下水道事業特別会計
・平成16年度歳入決算額 1,325,245千円
・平成16年度歳出決算額 1,216,414千円


平成16年度特別会計決算の状況
【歳入】
         区分
会計名
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
国民健康保険特別会計
千円
6,564,257
千円
6,347,033
千円
217,224

3.4
老人保健特別会計
3,732,533
3,692,976
39,557
1.1
介護保険特別会計
2,067,103
1,871,707
195,396
10.4
学校給食センター事業
特別会計
720,406
742,559
△22,153
△3.0
下水道事業特別会計
1,325,245
1,479,644
△154,399
△10.4
14,409,544
14,133,919
275,625
2.0

【歳出】

         区


会計名

平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
国民健康保険特別会計
千円
6,394,206
千円
6,047,531
千円
346,675

5.7
老人保健特別会計
3,713,050
3,632,466
80,584
2.2
介護保険特別会計
2,018,744
1,845,140
173,604
9.4
学校給食センター事業
特別会計
710,548
729,345
△18,797
△2.6
下水道事業特別会計
1,216,414
1,289,299
△72,885
△5.7
14,052,962
13,543,781
509,181
3.8


(3) 水道会計決算の状況

・平成16年度収益的収入 1,171,226千円
・平成16年度収益的支出 1,110,389千円
・平成16年度資本的収入   117,177千円
・平成16年度資本的支出   238,173千円


平成16年度水道事業会計決算の状況

【収益的収入】
区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
水道事業収益
千円
1,171,226
千円
1,015,845
千円
155,381

15.3

【収益的支出】
区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
水道事業費用
千円
1,110,389
千円
1,079,949
千円
30,440

2.8


【資本的収入】
区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
資本的収入
千円
117,177
千円
134,085
千円
△16,908

△12.6


【資本的支出】
区分
平成16年度
平成15年度
比較
決算額 A 決算額 B C=A−B C/B
資本的支出
千円
238,173
千円
290,201
千円
△52,028

△17.9


4 収入及び支出の概況

(1) 予算の状況
ア 一般会計予算の状況
・平成17年度当初歳入歳出予算額 17,660,000千円
・平成17年9月末歳入歳出予算額 18,008,585千円
         (348,585千円増)

【歳入】

区分
当初予算
4月〜9月
増減額
現計予算
予算額
構成比
予算額
構成比
1 市税
千円
6,366,157

36.0
千円
0
千円
6,366,157

35.4
2 地方譲与税
495,000
2.8
0
495,000
2.7
3 利子割交付金
45,000
0.3
0
45,000
0.2
4 配当割交付金
10,000
0.1
0
10,000
0.1
5 株式等譲渡
  所得割交付金
5,000
0.0
0
5,000
0.0
6 地方消費税
  交付金
600,000
3.4
0
600,000
3.3
7 自動車取得税
  交付金
190,000
1.1
0
190,000
1.1
8 地方特例
  交付金
235,000
1.3
△1,531
233,469
1.3
9 地方交付税
2,850,000
16.1
152,348
3,002,348
16.7
10 交通安全対策
  特別交付金
9,000
0.1
0
9,000
0.0
11 分担金及び
  負担金
182,838
1.0
50
182,888
1.0
12 使用料及び
  手数料
279,617
1.6
31
279,648
1.6
13 国庫支出金
1,824,436
10.3
58,254
1,882,690
10.5
14 県支出金
493,537
2.8
24,964
518,501
2.9
15 財産収入
1,690
0.0
△228
1,462
0.0
16 寄附金
4
0.0
0
4
0.0
17 繰入金
1,401,309
7.9
△316,290
1,085,019
6.0
18 繰越金
100,000
0.6
174,842
274,842
1.5
19 諸収入
224,212
1.3
157,645
381,857
2.1
20 市債
2,347,200
13.3
98,500
2,445,700
13.6
  計
17,660,000
100.0
348,585
18,008,585
100.0

【歳出】
区分
当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算
予算額
構成比
予算額
構成比
1 議会費
千円
246,321

1.4
千円
0
千円
246,321

1.4
2 総務費
1,946,205
11.0
19,647
1,965,852
10.9
3 民生費
4,703,086
26.6
81,163
4,784,249
26.6
4 衛生費
1,773,276
10.1
△4,948
1,768,328
9.8
5 農林水産業費
311,022
1.8
△750
310,272
1.7
6 商工費
144,271
0.8
398
144,669
0.8
7 土木費
2,932,880
16.6
370,012
3,302,892
18.3
8 消防費
1,192,806
6.8
0
1,192,806
6.6
9 教育費
2,673,407
15.1
△120,620
2,552,787
14.2
10 災害復旧費
1
0.0
0
1
0.0
11 公債費
1,702,099
9.6
3,683
1,705,782
9.5
12 諸支出金
203
0.0
0
203
0.0
13 予備費
34,423
0.2
0
34,423
0.2
17,660,000
100.0
348,585
18,008,585
100.0

イ 特別会計予算の状況
(A)国民健康保険特別会計
 ・平成17年度当初歳入歳出予算額 6,427,415千円
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 6,429,182千円
                     (1,767千円増)

(B)老人保健特別会計
 ・平成17年度当初歳入歳出予算額 3,774,895千円
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 3,826,060千円
                    (51,165千円増)

(C)介護保険特別会計
 ・平成17年度当初歳入歳出予算額 2,217,261千円
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 2,266,003千円
                    (48,742千円増)

(D)学校給食センター事業特別会計
 ・平成17年度当初歳入歳出予算額   723,971千円
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額   727,471千円
                     (3,500千円増)

(E)下水道事業特別会計
 ・平成17年度当初歳入歳出予算額 1,020,989千円
 ・平成17年9月末歳入歳出予算額 1,036,082千円
                    (15,093千円増)

平成17年度特別会計予算の状況
      区分

会計名

当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算額
国民健康保険特別会計
千円
6,427,415
千円
1,767
千円
6,429,182
老人保健特別会計
3,774,895
51,165
3,826,060
介護保険特別会計
2,217,261
48,742
2,266,003
学校給食センター事業
特別会計
723,971
3,500
727,471
下水道事業特別会計
1,020,989
15,093
1,036,082
14,164,531
120,267
14,284,798


(2) 収入及び支出の状況
ア 一般会計における収入及び支出の状況
・平成17年9月末収入済額     8,047,324千円
・平成17年9月末支出済額     7,743,222千円

平成17年度特別会計予算に係る収入及び支出の状況

【収入】
区分
現計予算額

     A
4月〜9月
収入済額
    B
未収入額

   A−B
収入率
B/A
1 市税
千円
6,366,157
千円
3,799,892
千円
2,566,265

59.7
2 地方譲与税
495,000
199,895
295,105
40.4
3 利子割交付金
45,000
15,222
29,778
33.8
4 配当割交付金
10,000
7,235
2,765
72.4
5 株式等譲渡
  所得割交付金
5,000
67
4,933
1.3
6 地方消費税
  交付金
600,000
320,066
279,934
53.3
7 自動車取得税
  交付金
190,000
60,889
129,111
32.0
8 地方特例
  交付金
233,469
233,469
0
100.0
9 地方交付税
3,002,348
2,100,058
902,290
69.9
10 交通安全対策
  特別交付金
9,000
6,392
2,608
71.0
11 分担金及び
  負担金
182,888
91,995
90,893
50.3
12 使用料及び
  手数料
279,648
146,505
133,143
52.4
13 国庫支出金
1,882,690
634,696
1,247,994
33.7
14 県支出金
518,501
106,501
412,000
20.5
15 財産収入
1,462
609
853
41.7
16 寄附金
4
0
4
0.0
17 繰入金
1,085,019
0
1,085,019
0.0
18 繰越金
274,842
274,842
0
100.0
19 諸収入
381,857
48,991
332,866
12.8
20 市債
2,445,700
0
2,445,700
0.0
  計
18,008,585
8,047,324
9,961,261
44.7

【支出】
区分
現計予算額

     A
4月〜9月
支出済額
   B
予算残額

    A−B
執行率
B/A
1 議会費
千円
246,321
千円
113,521
千円
132,800

46.1
2 総務費
1,965,852
929,733
1,036,119
47.3
3 民生費
4,784,249
2,294,245
2,490,004
48.0
4 衛生費
1,768,328
577,185
1,191,143
32.6
5 農林水産業費
310,272
107,477
202,795
34.6
6 商工費
144,669
115,525
29,144
79.9
7 土木費
3,302,892
1,059,655
2,243,237
32.1
8 消防費
1,192,806
632,605
560,201
53.0
9 教育費
2,552,787
1,106,654
1,446,133
43.4
10 災害復旧費
1
0
1
0.0
11 公債費
1,705,782
806,605
899,177
47.3
12 諸支出金
203
17
186
8.4
13 予備費
34,423
0
34,423
0.0
18,008,585
7,743,222
10,265,363
43.0

イ 特別会計における収入及び支出の状況

(A)国民健康保険特別会計
 ・平成17年9月末収入済額 2,544,131千円
 ・平成17年9月末支出済額 2,803,041千円

(B)老人保健特別会計
 ・平成17年9月末収入済額 1,648,574千円
 ・平成17年9月末支出済額 1,610,278千円

(C)介護保険特別会計
 ・平成17年9月末収入済額 1,047,480千円
 ・平成17年9月末支出済額   908,092千円

(D)学校給食センター事業特別会計
 ・平成17年9月末収入済額   396,624千円
 ・平成17年9月末支出済額   274,893千円

(E)下水道事業特別会計
 ・平成17年9月末収入済額   385,056千円
 ・平成17年9月末支出済額   285,909千円

平成17年度特別会計予算に係る収入及び支出の状況


【収入】
区分
現計予算額

     A
4月〜9月
収入済額
    B
未収入額

    A−B
収入率
B/A
国民健康保険特別会計
千円
6,429,182
千円
2,544,131
千円
3,885,051

39.6
老人保健特別会計
3,826,060
1,648,574
2,177,486
43.1
介護保険特別会計
2,266,003
1,047,480
1,218,523
46.2
学校給食センター事業
特別会計
727,471
396,624
330,847
54.5
下水道事業特別会計
1,036,082
385,056
651,026
37.2
14,284,798
6,021,865
8,262,933
42.2

【支出】

区分
現計予算額

     A
4月〜9月
支出済額
    B
予算残額

    A−B
執行率
B/A
国民健康保険特別会計
千円
6,429,182
千円
2,803,041
千円
3,626,141

43.6
老人保健特別会計
3,826,060
1,610,278
2,215,782
42.1
介護保険特別会計
2,266,003
908,092
1,357,911
40.1
学校給食センター事業
特別会計
727,471
274,893
452,578
37.8
下水道事業特別会計
1,036,082
285,909
750,173
27.6
14,284,798
5,882,213
8,402,585
41.2


5 市の負担の状況
 平成16年度一般会計最終予算での市税収入決算額は6,668,278千円で、前年度決算額と比較して5.8%の増となっている。
また、この市税収入を市民一人当たりの負担額でみると85,905円となる。

平成16年度市税収入と市民負担の状況


区分
平成16年度決算
平成15年度決算
比較
(A-B)/B
収入額 
市民一人
当たり
負担額
構成比
収入額 
B
市民一人
当たり
負担額
構成比
1 市民税
千円
2,686,800

34,613

40.3
千円
2,726,759

35,127

43.3

△1.5
 (1)個人
2,326,473
29,971
34.9
2,368,518
30,512
37.6
△1.8
 (2)法人
360,327
4,642
5.4
358,241
4,615
5.7
0.6
2 固定資産税
2,865,999
36,921
43.0
2,821,410
36,346
44.8
1.6
 (1)固定資産税
2,851,742
36,738
42.8
2,808,879
36,185
44.6
1.5
 (2)固定資産等所在
 市町村交付金
14,257
183
0.2
12,531
161
0.2
13.8
3 軽自動車税
102,748
1,324
1.5
96,538
1,244
1.5
6.4
4 市たばこ税
524,239
6,754
7.9
520,971
6,711
8.3
0.6
5 特別土地保有税
353,509
4,554
5.3
0
0
0.0
皆増
6 都市計画税
134,983
1,739
2.0
138,529
1,785
2.2
△2.6
6,668,278
85,905
100.0
6,304,207
81,213
100.0
5.8
(注) 人口は、住民基本台帳(平成17年3月末日現在77,624人、平成16年3月末日現在77,626人)による。

6 公益事業の経理の概況
(1) 水道事業会計予算の状況
ア 収益的収入
・平成17年度当初予算額 1,125,263千円
・平成17年9月末予算額 1,125,263千円(増減なし)

【収益的収入】

区分
当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算額
水道事業収益
千円
1,125,263
千円
0
千円
1,125,263

イ 収益的支出
・平成17年度当初予算額 1,107,209千円
・平成17年9月末予算額 1,107,136千円(73千円減)

区分
当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算額
水道事業費用
千円
1,107,209
千円
△73
千円
1,107,136

ウ 資本的収入
・平成17年度当初予算額 118,186千円
・平成17年9月末予算額 121,186千円(3,000千円増)

【資本的収入】
区分
当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算額
資本的収入
千円
118,186
千円
3,000
千円
121,186

エ 資本的支出
・平成17年度当初予算額 287,885千円
・平成17年9月末予算額 290,914千円(3,029千円増)

【資本的支出】

区分
当初予算額
4月〜9月
増減額
現計予算額
資本的支出
千円
287,885
千円
3,029
千円
290,914

(2) 水道事業会計における収入及び支出の状況
ア 収益的収支
・平成17年9月末収入済額 479,660千円
・平成17年9月末支出済額 429,949千円


【収益的収入】

区分
現計予算額 
4月〜9月
収入済額
    B
未収入額 

A−B
収入率
B/A
水道事業収益
千円
1,125,263
千円
479,660
千円
645,603

42.6

【収益的支出】
区分
現計予算額 
4月〜9月
支出済額
    B
予算残額 

A−B
執行率
B/A
水道事業費用
千円
1,107,136
千円
429,949
千円
677,187

38.8

イ 資本的収支
・平成17年9月末収入済額       0千円
・平成17年9月末支出済額 104,113千円

【資本的収入】
区分
現計予算額 
4月〜9月
収入済額
    B
未収入額 

A−B
収入率
B/A
資本的収入
千円
121,186
千円
0
千円
121,186

0.0

【資本的支出】
区分
現計予算額 
4月〜9月
支出済額
    B
予算残額 

A−B
執行率
B/A
資本的支出
千円
290,914
千円
104,113
千円
186,801

35.8

7 財産公債及び一時借入金の現在高
(1)
市有財産の現在高
ア 公有財産
(A)土地(山林を除く。)
 ・平成16年度末現在高  1,023,138m2
 ・平成17年9月末現在高   974,998m2
                  
(48,140m2減)
(B)建物
 ・平成16年度末現在高    143,291m2
 ・平成17年9月末現在高   138,549m2(4,742m2減)
(C)山林
 ・平成16年度末現在高      4,589m2
 ・平成17年9月末現在高     7,120m2(2,531m2増)
(D)有価証券
 ・平成16年度末現在高        500千円
 ・平成17年9月末現在高       500千円(増減なし)
(E)出資による権利
 ・平成16年度末現在高    548,872千円
 ・平成17年9月末現在高   549,288千円(416千円増)

イ 物品
 ・平成16年度末現在高        137点
 ・平成17年9月末現在高       138点(1点増)

ウ 基金
(A)土地
 ・平成16年度末現在高     15,732m2
 ・平成17年9月末現在高    15,655m2(77m2減)
(B)現金
 ・平成16年度末現在高  5,347,404千円
 ・平成17年9月末現在高 5,780,507千円
              (433,103千円増)

平成17年度市有財産の現在高


区分
平成16年度末現在高
4月〜9月増額
9月末現在高
1 公有財産      
 (1)土地
1,023,138m2
△48,140m2
974,998m2
 (2)建物
143,291m2
△4,742m2
138,549m2
 (3)山林
4,589m2
2,531m2
7,120m2
 (4)有価証券
500千円
0千円
500千円
 (5)出資による権利
548,872千円
416千円
549,288千円
2 物品
137点
1点
138点
3 基金      
 (1)財政調整基金
  (一般会計)
2,154,701千円
400,000千円
2,554,701千円
 (2)財政調整基金(国民
  健康保険特別会計)
185,116千円
0千円
185,116千円
 (3)塵芥処理施設
  建設改良基金
640,987千円
0千円
640,987千円
 (4)し尿処理基金
45,282千円
0千円
45,282千円
 (5)用排水路
  建設改良基金
354,198千円
0千円
354,198千円
 (6)教育施設
  建設改修基金
63,277千円
0千円
63,277千円
 (7)減債基金
535,185千円
0千円
535,185千円
 (8)青少年育成基金
9,787千円
0千円
9,787千円
 (9)地域振興基金
11,868千円
0千円
11,868千円
 (10)地域福祉基金
193,683千円
0千円
193,683千円
 (11)まちづくり基金
57千円
0千円
57千円
 (12)庁舎建設基金
772,172千円
0千円
772,172千円
 (13)土地開発基金      
  ア土地
15,732m2
△77m2
15,655m2
  イ現金
327,221千円
1,290千円
328,511千円
 (14)高額療養費
  貸付基金
8,000千円
0千円
8,000千円
 (15)介護給付費
  準備基金
45,870千円
29,413千円
75,283千円
 (16)国保出産費資金
  貸付基金
0千円
2,400千円
2,400千円


(2) 公債の現在高
ア 一般会計
 ・平成16年度末現在高  22,012,683千円
 ・平成17年9月末現在高 21,402,681千円
                (610,002千円減)

イ 学校給食センター事業特別会計
 ・平成16年度末現在高     275,513千円
 ・平成17年9月末現在高    264,540千円
                 (10,973千円減)

ウ 下水道事業特別会計
 ・平成16年度末現在高   4,717,229千円
 ・平成17年9月末現在高  4,621,814千円
                 (95,415千円減)

エ 水道事業会計
 ・平成16年度末現在高   2,864,280千円
 ・平成17年9月末現在高  2,802,571千円
                 (61,709千円減)

平成17年度9月末公債の現在高


区分
平成16年度末
現在高
4月〜9月増減
平成17年9月末
現在高
借入額
償還額
一般会計
千円
22,012,683
千円
0
千円
610,002
千円
21,402,681
 総務債
51,382
0
11,023
40,359
 民生債
586,891
0
62,664
524,227
 衛生債
6,334,806
0
165,617
6,169,189
 農林水産業債
20,134
0
1,477
18,657
 土木債
4,723,302
0
77,136
4,646,166
 消防債
211,611
0
18,016
193,595
 教育債
3,900,041
0
175,249
3,724,792
 災害復旧事業債
18,849
0
582
18,267
 臨時財政特例債
65,100
0
4,169
60,931
 減税補てん債
2,304,789
0
76,463
2,228,326
 臨時税収
 補てん債
217,704
0
7,614
210,090
 調整債
30,047
0
2,057
27,990
 県貸付金
243,127
0
0
243,127
 臨時財政対策債
3,304,900
0
7,935
3,296,965
学校給食センター
事業特別会計
275,513
0
10,973
264,540
 給 食 事 業 債
275,513
0
10,973
264,540
下水道事業
特別会計
4,717,229
0
95,415
4,621,814
 下水道事業債
4,717,229
0
95,415
4,621,814
水道事業会計
2,864,280
0
61,709
2,802,571
 上水道事業債
2,864,280
0
61,709
2,802,571
29,869,705
0
778,099
29,091,606

(3) 一時借入金の状況
ア 借入金額
・320,000千円…(ア)
・300,000千円…(イ)

イ 借入期間
 ・平成17年4月1日〜5月2日(32日間)…(ア)
 ・平成17年6月17日〜9月14日(90日間)…(イ)

ウ 支払利息
 ・491千円…(ア)
 ・1,295千円…(イ)